スケジュールの管理はアナログとデジタルで

スケジュールの管理はアナログとデジタルで

社会全体のスピードが速くなった今日、スケジュールを正しく管理する事が個人個人に求められています。

明日の予定が、電話一本で変化する事も増えました。

All Aboutの知識が身につきます。

またメールやメッセンジャーアプリといった現代的な連絡手段も増えた結果、デジタル経由の連絡で、手帳のスケジュールを書き換えなければいけないケースも珍しくありません。

アナログとデジタル、双方とも大事なスケジュール把握ツールですが、出来れば管理する上で、両方所有したいところです。

例えば、一週間前後のスケジュールであればアナログの手帳が便利です。
明日や今日、明後日といった身近な予定を管理するなら、紙の媒体の方が向いており、メッセンジャーアプリや電子メールによって変更された予定も、臨機応変に修正出来ます。



デジタルとは違い、紙の手帳であれば消しゴムやボールペンで一瞬で予定を書き換えられますし、アナログ的にアウトプットする事で、感覚的にも記憶が可能です。対して一年間の予定、半年後のスケジュール等、少し先のものならデジタル管理が役立ちます。

人の記憶では厳密に管理出来ない予定もタブレットやスマートフォンなら、きっちり保存出来ます。

半年後の予定などは、その時々で変更されるものですが、とりあえずデジタルの端末に記載しておけば、自分自身のライフスタイルが俯瞰的に考えられます。


その予定を見ながら大型連休期間の過ごし方や有給の取り方を思案すれば、よりスマートに働けます。



Copyright (C) 2015 スケジュールの管理はアナログとデジタルで All Rights Reserved.