ストレージサービスでファイルを共有する場合

ストレージサービスでファイルを共有する場合

最近、大手のポータルサイトではユーザーがファイルを保存出来るストレージサービスを始めるところが増えています。


一般的に無料プランと有料プランがあり、無料プランの場合は5ギガバイト程度、有料プランの場合は100ギガバイト以上のファイルが保存出来るようになっていることが多いです。

保存したファイルは、利用者だけしかアクセス出来ないようにすることも可能ですし、他のユーザーと共有出来るようにすることも可能です。



では、こうしたストレージサービスを利用する上での注意点にはどのようなものがあるでしょうか。



まず、無料プランを利用する場合ですが、ファイルサイズに上限が設けられている可能性があるということです。たとえば、5ギガバイトまで保存出来るとなっているのに、5ギガバイトの動画をアップロードしても出来ない場合というケースがあります。
これは、1ファイル辺り200メガバイトまでといった制限があるからです。

まったく新しいlivedoorニュースの情報が詰まったサイトです。

また、長期間ログインしていないと、保存したデータが削除されてしまうという場合も多いです。

そういったサービスの場合は、保存したら、特に用事はなくても、定期的にアクセスしないといけません。

また、共有する場合の注意点ですが、当然、共有すると違法なものをアップロードしてはいけないということがあります。

たとえば、テレビ番組を自宅で保存するということは認められていますが、それをストレージサービスにアップロードして共有することは認められていません。

Copyright (C) 2015 ストレージサービスでファイルを共有する場合 All Rights Reserved.